Latest Posts

インフルエンザの疑いがある子供

子供のインフルエンザの特徴は?感染経路と症状

「インフルエンザの流行により学級閉鎖・学校閉鎖された」というニュースを、見聞きした事のある方も多いでしょう。子供の場合、学校など集団生活する時間が長いという事もあり、インフルエンザに感染した子供がいた場合、爆発的に流行してしまうケースも少なくありません。 インフルエンザの感染経路 インフルエンザウイルスの感染経路には3つの種類があります。飛沫感染・接触感染・空気感染です。 飛沫感染 飛沫感染はインフルエンザウイルスに感染している人の、咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸ったことが原因で感染します。 接触感染 ドアノブなど感染者が触れた部分に付着しているウイルスに触った事で、感染するのが接触感染です。 空気感染 空気感染は文字通り、ウイルスが含まれた空気を吸う事で起こります。 子供の場合、冬場は窓を閉め切った教室で授業を行うため、飛沫感染・接触感染・空気感染どのルートでも、インフルエンザウイルスが体内に入り込みやすい状態のため、1人でもウイルスを持っている子供がいた場合、爆発的に流行してしまう恐れがあります。 インフルエンザに罹る子供の症状 子供がインフルエンザを発症しているかどうかを見極めるには、熱があるかどうかをチェックしてみましょう。インフルエンザウイルスは症状が、急激に進むのが特徴です。急に39度以上の高熱が出た場合は、発症している危険性が高いので注意が必要です。39度以上の高熱の他に、ぐったりしているといった全身倦怠感がある場合も危険です。 熱が急激に上がった後、頭痛やのどの痛み、頭痛といった症状や、下痢や嘔吐といった症状が起こるケースもあります。免疫力の低い子供の場合、インフルエンザを発症すると脳炎や肺炎といった、命を失う危険性もある、重篤な合併症を引き起こす恐れもあります。急な発熱や全身のだるさなどの症状がある場合は、すぐに病院を受診しましょう。今は迅速診断キットによって、すぐに感染しているかどうかを検査する事が出来ます。 病院はいつのタイミングでいけばいい? インフルエンザウイルスに感染しているかどうかは、迅速診断キットでの検査によって約15分程度で診断出来ます。ただ、いつ検査を受けても良いという訳ではありません。タイミングを間違えてしまうと、陽性なのにも関わらず陰性と診断が出て、治療が遅れてしまう事も考えられるので注意が必要です。 インフルエンザウイルスは体に入り込んでから発症するまでに、約1日から3日の潜伏期間があります。この潜伏期間中に病院で検査を受けても、陰性という検査結果が出てしまう事が多いようです。インフルエンザウイルスは急激に体内で増加しますが、潜伏期間中は発症後よりはウイルスの量が少ない状態です。 迅速診断キットとは 迅速診断キットは鼻の粘膜などに含まれる、ウイルスの量で陽性か陰性かを調べます。潜伏期間内に検査を受けた場合、陽性となるまでウイルスの量が十分になく感染していたとしても、陰性という診断結果になってしまう事もあります。ですので、病院を受診するタイミングは体内のウイルスが、迅速診断キットで判定できる量になってからにしましょう。 迅速診断キットで判定できるまでには、発症から12時間後と言われています。熱が出たなどの症状から、最低でも12時間後に受診するのがベストです。予防接種を行っていた場合でも、インフルエンザウイルスに感染する可能性はゼロではありません。予防接種を受けている子供でも、急に熱が出た場合は、インフルエンザを疑って病院を受診しましょう。 潜伏期間中や症状が出てから、まだ時間が間もないという時に検査を行っても、ウイルスの量が不十分で陰性という結果が出てしまうかもしれません。出来るだけ症状が現れてから12時間後に、検査を受けるようにしましょう。 ただし、子供の場合は脳炎や肺炎といった合併症のリスクが伴います。もし、けいれんを起こす・体調が悪く泣き出す・食事が出来ないという場合はすぐさま病院を受診した方が良いでしょう。

空気の入れ換えを行う女性

真夏のインフルエンザ発症時の空気の入れ換えについて

インフルエンザは冬に流行する病気と思われがちですが、真夏である8月であっても医療機関から陽性の報告は挙がっています。変異が激しい型のウィルスも存在する事から、こうした時期にこそ寧ろウィルスの傾向が明確化し易い場合もあり、後に冬になって流行するウィルスの走りに該当するものが8月に発生して感染を起こしていたというケースも少なくはありません。 8月にインフルエンザに感染した場合でも、取るべき対策の基本は流行時期の冬場と大きく変わるものではありません。注意したいのは脱水症状で、気温が高く只でさえ汗が出易い時期なので、急速に体内の水分が失われる可能性があります。感染時は食欲が落ち易いものの、飲み易い水やスポーツドリンクを用意した上で、何とか食事込みで1日2リットル程度の水分を摂取する事が望ましいと言えます。高熱が出た場合にも脱水症状を防ぐ目的で、血流量の多い太い血管のある首筋・脇あたりを冷やす事も効果的です。解熱剤の服用は、体内の免疫活動によるウィルスの攻撃機能を下げない為に慎重に検討する事となります。 そして8月のインフルエンザ感染においては周囲に感染させない為の効果的な方法があって、それが部屋の換気となります。インフルエンザのウィルスは低温・低湿の環境下で増殖し易くなる傾向にありますが、8月はそもそもが高温多湿という環境であるので、外気との入れ換えで部屋の環境を外の状態に近付けるだけで、自然に空気中のウィルスの減少・周囲の感染対策となる訳です。室温が上がり過ぎると汗の量が多くなって来るので脱水症状との兼ね合いで警戒する必要がありますが、こまめな喚起を行うのが効果的となります。看病する人の感染を防ぎ易くなる意味でも、周囲の人にとっても重要な事となって来ます。

空気清浄機

糖尿病の人が重症化しやすいインフルエンザ予防に加湿機能つき空気清浄機を

インフルエンザで症状が重症化しやすい持病といえば、ぜんそくや心臓病が思い浮かびますが、実は糖尿病にかかっている人も症状が重くなりやすいとされ、WHO(世界保健機関)等が警告を発しています。 糖尿病患者でもきちんと血糖値管理ができている人なら、さほど心配はいりません。うがい、手洗い、マスクなど、通常のインフルエンザ対策で普通は大丈夫です。 ところが、糖尿病治療を受けていても血糖値管理がうまくいってない人、そして、健康診断で糖尿病の恐れがあるとされていながら何もしていない人がインフルエンザにかかると、重症化しやすいと言われています。 血糖値が不安定だと、免疫力がたいへん弱くなります。その状態でインフルエンザに感染すると、正常な血糖値の人と比べて重症化しやすいのは当然のこととも言えます。 その一方で、インフルエンザにより体に大きなストレスがかかり、それを打ち消すための体のメカニズムによって、今度は血糖値が大幅に上昇することが知られています。 つまり、血糖値が高いとインフルエンザが悪化し、インフルエンザが悪化すればするほど血糖値は高くなり、という悪循環から、入院が必要な重症になってしまうというわけです。 ウィルスは体内に入ると急激に増加しますから、まずは体内に入れないように、外出時のマスク、帰宅時のうがい手洗いをしっかりすることはもちろんですが、それに加えて糖尿病患者の人は、家族が感染することも考えると、室内に空気清浄機も必要でしょう。 イオンを放出するタイプや、フィルターでウィルスを分解するタイプ等、いろいろな種類が販売されていますが、いずれにしても加湿機能の付いたものをおすすめします。 インフルエンザウィルスは気温が低く乾燥した環境で活発になります。部屋の湿度を50%から60%の間に保っていると、空気清浄機の除菌機能と相まって、空気中のウィルス退治に有効です。

インフルエンザのウィルス

インフルエンザのウィルスと感染のメカニズム

通常の風邪とは異なる発熱や喉の痛みに見舞われてしまうインフルエンザは、重症化しやすい傾向にあり体力が無い高齢者や幼児が感染してしまうと、他の病気を引き起こす要因になります。 ピークは冬とされており、より一層予防しなければならないものの、どれほど気を付けていても感染してしまうというのが実情です。 そこで、検査を受けてインフルエンザの陽性反応が出た場合には、二次感染を予防するため他者との接触を避ける必要性があります。 そもそも、インフルエンザに感染してしまうメカニズムというのは、ウイルスを保持している方が咳やくしゃみによって飛散させた唾を吸い込んでしまうということが挙げられます。 また、スイッチやドアノブなど大勢の人々が触れる共有物に触れた後に、鼻や口に触れてしまうということも感染ルートになり得ます。 感染してから発症するまでにはおよそ2日間の潜伏期間を要し、個々によっては1週間程度潜伏することもあります。 人体内に侵入してきたウイルスというのは、肺や気道に付着しおよそ20分で細胞内部に到着することがわかっています。 細胞内部に到着した後は、とても速いペースで増殖が行われ、1つしかなかった細菌が8時間を経過した頃には100個まで増えるとされています。 しかも、時間が経過する毎に増殖を繰り返し、16時間後には1万個まで増幅します。 24時間が経過した頃には、100万個に到達するとされており、こうした増える速さというのが、冬の爆発的にインフルエンザが流行する理由であると考えられています。 学校や職場などで発症者が出ると、すぐに拡大し大勢の人々が体調不良に悩まされることになりますが、1ヶ月程度で何事も無かったかのように収束します。

個人輸入サイトを利用する女性たち

インフルエンザに効能のある薬は通院しないと貰えないのか

寒くて乾燥する時期になると必ず流行するインフルエンザウイルスによる感染症に対しては、このウイルスに対して効能を持つ医薬品を投与することで治療や予防を行うことができます。 日本ではインフルエンザウイルスに対して効能がある医薬品が複数存在し、病院へ通院し、医師からインフルエンザであるという診断を受ければ医薬品を手に入れることができます。 比較的手に入りやすい医薬品であるため、薬の入手方法について疑問に思う人は少ないでしょう。 しかし、インフルエンザウイルスに対して効能がある医薬品は、通院する方法以外にも入手方法が存在します。 それは、医薬品の通販サイトを通じて購入する方法です。 日本国内には医薬品や化粧品、サプリメントなどの個人輸入の代行を行っている業者が多数存在しており、ここから注文することで外国で製造・流通されている医薬品を欲しい数だけ手に入れることができます。 欲しい医薬品が抗インフルエンザ薬だった場合は、複数個購入して適切な方法で保管することで、数年程度はいつでも感染症の症状が出たときの治療や、感染症の予防に用いることができます。 特に予防目的で抗インフルエンザ薬を購入する際には、日本の医療機関が抗インフルエンザ薬を治療目的でしか処方しない所が非常に多いことから、通販サイトは大変役立ちます。 例えば人気のリレンザを通販で入手することが出来ます。 ただし、抗インフルエンザ薬の購入を目的に外国製医薬品の通販サイトを利用する際は、サイトの利用方法や利用規約が書かれたページをよく読み、注意しなければならない点を十分に把握する必要があります。 通販サイトの利用規約の下地になっている医薬品医療機器等法や特定商取引法などの法律は、利用者も守らなければなりません。 他人への譲渡や貸与など、自分が使用する目的以外で医薬品を利用したり、他人の代わりに注文して購入することは、法令に違反する行為なので絶対に行わないようにしましょう。

手を洗う女性

インフルエンザの国内での発生状況を図解します

風邪に似た症状を持つインフルエンザは、重症化することもあり、様々な合併症の危険もあります。 インフルエンザウイルスの潜伏期間は、2日前後のケースが多いのですが、1週間くらい潜伏する人もいます。 ウイルスが体内に侵入すると、あっという間に増殖します。 1つのウイルスが、24時間後には100万個に増えているのです。 感染力のピークは、発熱から3日目ですが、潜伏期間中も感染の危険はあります。 潜伏期間中は、ほとんど自覚症状がないため、感染が広がりやすいのです。 潜伏期間中の感染力は、インフルエンザを発症した後よりは高くありません。 ですから、早めに感染したことがわかれば、抗インフルエンザ薬を処方してもらって感染を抑えることが可能なのです。 インフルエンザの検査は、症状が出てから12時間から24時間以上経過しないと正しい結果は出ません。 インフルエンザの予防方法には、様々なものがあります。 外出する時にマスクをすれば、人ごみでウイルスに感染するリスクが低くなります。 外から帰ってきたら、うがいをして手を洗うことで、ウイルスを取り除くことができます。 インフルエンザも風邪も、体力が低下して免疫力が落ちている時にかかりやすいです。 免疫力が高くなれば、ウイルスに感染しにくくなります。 免疫力を高めるためには、普段から栄養価の高い食事と十分な睡眠を心がける必要があります。 免疫力は、体温が下がると低下してしまいます。 そのため、適度な運動や入浴も大切です。 厚生労働省では、国内のインフルエンザの発生状況を発表しています。 抗ウイルス薬について知りたい場合は、薬について詳しく書かれたサイトや本を参考にするといいです。 写真つきで詳しく説明が掲載されているサイトもあります。

食事中の夫婦

免疫力を高めてインフルエンザをはじめとした感染症を予防

インフルエンザの感染防止を行うためにはうがいと消毒、手洗いが大切になります。 屋外から屋内に入った際には、忘れずに手を洗いうがいを行うことを徹底してください。 手というのは、無意識的にあらゆる場所を触ってしまうので、ウイルスに触れている可能性がとても高いのです。 殺菌作用が高い石鹸を用いて丁寧に洗うことを心がければ、手からウイルスを除去することが可能です。 加えて、うがいを講じれば口から体内に侵入しようとしているウイルスも取り除くことができます。 今日においては、インフルエンザの特効薬が存在しますが、蕁麻疹などの副作用が起こる可能性が高いため、手洗いとうがいといった基本的な対策方法が好ましいのです。 また、しっかりと栄養を摂取し睡眠を確保するということも免疫力を高めることに繋がるため有効的です。 免疫力を高めることができれば、当然ウイルスに感染しにくくなるため、感染してしまっても症状を軽く済ませることができるのです。 免疫力というのは、生まれつきの部分が大きいと考えられることが多いのですが、実は栄養のバランスが良い食事を徹底し、しっかりと睡眠時間を確保することにより、少々の細菌ではインフルエンザに見舞われないようになります。 意外と知られていないことですが、実はインフルエンザの潜伏期間に入浴して体温を高めると、本格的にインフルエンザの症状に苦しめられずに済むという事案もあります。 その理由は、人体というのは体温が低下していると免疫も下がってしまうためです。 そのため、入浴して体温を高めることにより免疫が高まり、インフルエンザになっても軽度に終わらせることができるのです。 日頃から運動を日課にして基礎体温を高めることも、根本的に健康になれる方法です。

のど飴

飴で喉の乾燥を防いでインフルエンザ予防!

インフルエンザを予防するために、良いことは、こまめな手洗い、そしてうがいなどとされています。 手洗いについては、インフルエンザの細菌を殺すために、手の甲など、または指と指の間などもしっかりと洗い、可能な限り腕の近くまで洗う方が、よりインフルエンザの細菌を殺す、洗い流すことが出来ると言われています。 また、うがいについても、こまめに行うことが良いとされており、これは喉に入り込んだインフルエンザの細菌を、洗い流す、ガラガラとうがいをすることで、外に出す、という効果があるからです。 もし、手間でなければ殺菌スプレーなどをこまめに使っている方が、より細菌を殺す効果があるとも言われています。 このように、インフルエンザが体の中に入り込んでいく場合には、まず手から口の中、または喉からどんどんと体の中に細菌が広がっていく、このような形で体を侵していきます。 そのため、このようなうがいや手洗いが大切であるとされています。 また、インフルエンザの細菌は、乾燥が大好きであるとされているため、そのため夏場よりも冬場、つまり季節的に乾燥が多い時期にインフルエンザは大流行を起こします。 これらの乾燥を防ぐために、飴などを口に含んでいると、なかなか喉は乾燥しません。 また、殺菌効果のあるのど飴などの場合には、細菌などが殺される作用があるものもあるため、これらの飴を食べていることによって、口臭を防ぐだけでなく、風邪や細菌を体に入れることを防いでくれる効果があるとされています。 一度、インフルエンザにかかってしまうと、再度、学校や会社などに行く際には、学校や会社によっては、医師の先生からの診断書がなければ、登校してはならないという決まりがあります。 そのため、このようにこまめな手洗いや予防で、感染しないようにすることが大切である、と言われています。

しっかりと睡眠をとる女性

インフルエンザは、生活習慣と関係がある?

インフルエンザと生活習慣には深い関係があります。 インフルエンザはウイルスに感染することで発症する症状ですが、感染したからと言って必ずしも症状が出てくると言うものではありません。 また症状が発症したとしても、その程度に差が出てくることも多くあります。 それを左右するのが個人の免疫力、ウイルスや病原体に対抗する力や、体力です。 免疫力や体力は、勿論、生まれつきによるところが大きいと言うことができます。 しかしその一方で、これらは生活習慣の積み重ねによって良くも悪くもなると言うのも確かなことです。 たとえばしっかりと睡眠時間を確保している、食事の栄養バランスにも気を配っている、ストレスを上手に発散していると言う生活習慣の場合には、免疫力や体力は一定レベルに保たれやすくなります。 あるいは適度な運動習慣を持っている、お酒やたばこを控えていると言う場合も同様です。 こうした生活習慣には、医学的に見ても免疫力や体力に対する良い影響があると言うことが認められています。 ですから反対に、睡眠不足が続いているとか、ストレスまみれである、運動もほとんどしていないしお酒もたばこもやりたい放題であると言う生活習慣を持っている場合は、免疫力や体力が低下している、低下しやすい状態にあると言えます。 するとその結果、インフルエンザを発症しやすく、また発症した場合にも、その症状が重くなりやすい傾向にあります。 また特にインフルエンザが流行しているシーズンにおいては、うがい、手洗いの励行が、ウイルスに感染するか否かの鍵を握っています。 ですから、普段から外出先から帰宅した際にはうがい、手洗いをしっかりと行う生活習慣を持っている人は、流行シーズンになってもインフルエンザに感染しにくいと言えます。

インフルエンザの疑いがある女性

どんな症状が出たらインフルエンザを疑うべきか

インフルエンザはともすれば風邪と間違われることも多い症状です。 ただ体力がない人、免疫力が著しく低下している人、乳幼児や高齢者、妊婦などにおいては、適切な対応が遅れると合併症につながることもあります。 ですから、どんな症状が出てきたらインフルエンザの可能性が高いのかと言うことを知っておくのは、とても大切なことです。 まずは発熱です。インフルエンザは急激に、38度以上の発熱に至ることが多いのがひとつの特徴です。 時には40度以上になることもあり、逆に風邪の場合には40度にまで至ると言うことはほとんどありません。 ですから急激に、体温計の数値がどんどんと上昇していくと言う場合には、インフルエンザが疑われます。 熱以外にも、発熱してしばらくすると強い悪寒に襲われるのも、インフルエンザの特徴です。 またそれが長く続くことが多く、風邪の場合はそうした悪寒は比較的軽く、また短時間でおさまるのがほとんどです。 発熱に加えて悪寒が出てきた時には、インフルエンザを疑って下さい。 それから熱以外に、全身に様々な症状が出てきます。 風邪のような鼻づまり、鼻水、喉の痛み、咳は勿論のこと、腹痛や激しい下痢、嘔吐と言った消化器にもその影響は及びます。 また急激に高熱に襲われるため、頭痛、筋肉痛、関節痛、強い倦怠感と言った全身に症状が出てくることも特徴です。 ですから風邪のような症状に加えて、立っているのも横になっているのも辛いくらいの筋肉痛や倦怠感などがあれば、風邪ではない可能性が高いかもしれません。 一般的にインフルエンザは、まず発熱と共に全身症状が出てきて、その後、呼吸系や消化器系の症状に続くと言うことが多いようです。 ですからまずは発熱、その温度や高熱に至るまでの時間の長短でインフルエンザかどうかというのを判断するのが良さそうです。